映画の話をしよう*4月


ネタバレしてます。

#7 3月のライオン 前編

原作を一巻だけ読んだことがあって(羽海野チカさんの画風が好き)見に行きました。
キャスティングめっちゃ豪華、、、!神木隆之介有村架純佐々木蔵之介加瀬亮染谷将太伊勢谷友介伊藤英明高橋一生豊川悦司板谷由夏倉科カナ、なにこの詰め放題感。この名前の並び、なんか、日本アカデミー賞の会場みたい。(例えヘタクソか)
将棋は小学生の頃に数ヶ月間ハマってやったことあったけど、もうすっかりルールとか忘れてたから、ほぼなに言ってるのかわからなかったけど駒を置く音が好き。二階堂が染谷将太だったの、超ビックリした。どっかで見た顔だと思ってて、エンドロールで名前みて、アッッそうか!!!ってビックリした。
あと負けるときに、勝った人が王将を取るんじゃなくて、負けた人が自ら「負けました。」って言って勝負を終えるのは将棋界の暗黙のルールなのか、そういうの良きですね。
あと、かすみちゃんの役柄が新鮮だった。ああゆう役もっとやってほしい。


#8 PとJK

恋愛映画をすごくひさしぶりにみて、もうひたすら太鳳ちゃんが可愛くて、癒された2時間だった。制服かわいくてうらやましい。校舎も素敵すぎてうらやましい。街並み素敵すぎてうらやましい。2人のお家かわいくてうらやましい。

一番好きなシーンは、制服に太鳳ちゃんが抱きついてて、そしたらかめしー(独特の呼び名)が来て「中身ないのに抱きついてどうするの」→制服着る→「おいで」→ぎゅー♡、のところです。※ニュアンス
なんなら、ここのCM予告みて映画見に行こうと思った。


#9 夜は短し歩けよ乙女

めぇぇっちゃ独特だった。序盤はストーリーをイマイチ理解できなくて、でも最後の方は良かったです面白かった。なんかね、異世界に突然ポーンっと放り込まれてワケワカメのまま時が経つにつれて慣れてきて、最後はもうすっかり溶け込んだ感じ。
絵のタッチと、音楽がドツボだった。あとアジカン


#10 SHNG シング

あまり見るつもりはなかったけど、友人が絶賛するから見てきた。面白かった。歌が上手いって才能だと思うし、本当に羨ましい。コアラのむーさんの性格がわたしのバイト先の店長に似ていて、何回か店長がかすめてきた。


#11 ひるなかの流星

途中まで原作読んでて、断然獅子尾先生だろ!って思って観に行ったんですけど、断然馬村派でした。てゆうかぁ、なんかぁ、全部、白濱亜嵐のせいだと思う。今まで食わず嫌いじゃないけど、LDH全体的に好きじゃなくて白濱亜嵐もあまり見てなかったんだけど、馬村やってる白濱亜嵐はやばかった。ド!!ストライク過ぎた。馬村の女子慣れしてないところとか、ハニカミ笑顔とか、ずっるい。あんなの好きにならないわけがない。
そんなわけで映画が始まってすっかり馬村派になったわたしは何回も、泣きそうなって、泣いた。
クリスマスツリーのシーンとか、ちゅんちゅんがフられて馬村と下駄箱で会ったシーンとか、体育祭のリレーおわったあとちゅんちゅんが見てたのは獅子尾先生だったところとか、馬村がちゅんちゅんに獅子尾先生のところに行かせるシーンとか、馬村ァァ………(;_;)って。
そして、ハチマキ渡してからの一連のシーンとか、朝の告白シーンとか、ラストシーンはほんとに全力でにやけたし嬉しすぎて泣くかと思った。
あとね、スクールラブって良いなぁって心の底から思った。同じ制服をきて、放課後デートしたり、お弁当作ってあげたり、待ち合わせして一緒に登下校したり、サイゼに寄り道したり、マックでテスト勉強したり、そういう青春を過ごしたかった。